日野原重明先生

 

聖路加国際病院名誉委員長の日野原先生が106歳で亡くなられました。

「90歳になったとき新しいことを始めたいと思いました。」

「シニアは75歳から。74歳はジュニアです。」

「死はグッバイではなく、シー・ユー・アゲインです。」

「年を取ることは楽しい冒険」

などなど素晴らしい言葉を残してくれました。

そんな日野原さんの転機は、1970年の「よど号ハイジャック事件」だったそうです。
この事件を境に人生観が変わったとおっしゃっています。

「金浦空港の地面を踏んだ瞬間、足の裏からビビビッと霊感のようなものを感じた。自分は生かされた。これは与えられた命。これからは世の中のためになろう。」と。

これからの日野原先生は「ライフ・プランニング・センター」の設立をはじめ、

日本人に「人生の最後までいのちを大切に使うこと」を呼びかけてきたのです。

大きな逆境を教訓に新しい人生観を得てそれを全うする。驚異の「レジリエントライフ」でした。

ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

  1. 「災害医療スペシャリスト」の仕事。

  2. シャークボーイの話

  3. 「中村天風とレジリエンス」

  4. 「カーネル・サンダースのスーパーレジリエント人生」

  5. 人生は敗者復活戦

  6. メンタルの底力~心にはこんな力があったのか②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。