人生は敗者復活戦

確か甲子園を目指す高校野球の監督の言葉。
せっかく1年間厳しい練習をしてきても地区大会の決勝で負ければまた1年間新しいメンバーで練習を始める。
これを何年も繰り返している。
私の人生は「敗者復活戦」。
これはオリンピックやワールドカップで雪辱を目指す選手なら4年間、選挙で負けた政治家も同じように「敗者復活戦」をしています。
そしてみんな一様に言います。

「あの期間があったから今の自分がある。もしあの時勝っていたら、いまのように感謝の気持ちを持って人生を歩めただろうか。あの“復活戦”が私を変えた」と。

これが「レジリエントシンキング」がもたらす「レジリエントライフ」です。
ただポジティブ思考をするのではなく、逆境や失敗から学び、新しい価値観で次に進もうとするマインドセットを常に持っていたいと思います。

関連記事

  1. 「中村天風とレジリエンス」

  2. 「災害医療スペシャリスト」の仕事。

  3. 日野原重明先生

  4. キング・カズの「悲劇」と「屈辱」

  5. シャークボーイの話

  6. メンタルの底力~心にはこんな力があったのか②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。