代表挨拶

ストレスを力に変えよう!

メンタルヘルスに関わるようになってから、日々「ストレス」と戦っているのは「レジリエンス」であると考えるようになりました。心をボールに例えるなら、ボールをへこませる圧力が「ストレス」であり、それを押し返して元に戻す力が「レジリエンス」だからです。でも心の中は実際のボールと空気のようにはっきりとは目に見えません。だから「レジリエンス」の働きは説明が難しいものになっています。しかし我々は毎日様々なストレスによる精神的ダメージを受けていますが、なんとか立ち直っています。つまり「レジリエンス」は存在しているのです。しかしその働きはひとりひとり異なります。それぞれの「レジリエンス」を導いている「レジリエンス要因」が異なるからです。すぐに立ち直れる人とそうでない人がいるのはそのためです。この一般社団法人レジリエンスコンサルタント協会は、まずは「レジリエンス」が心の働きとして存在していること、しかしその働きには多様性があること、またその働きを活性化させることができること、さらに「レジリエンス」は「回復力」だけではなく「適応力」という機能も備えていること。つまりすぐに立ち直らずにその場にとどまることも「レジリエンス」の力であることを多くの方に理解していただくために設立されました。さらに言えばこの「レジリエンス」を上手に運用することで、「ストレス」を恐れることなく、コントロールできるようになります。それどころか「ストレスを力に変える」ことも可能になります。つまり「失敗」や「逆境」といったストレスフルな経験を積むことで、「レジリエンス」は成長し、「ストレス」への「免疫力」としてさらに力を発揮すると考えられるからです。そしてこうした逆境からの回復経験を積むことで、「ストレス」が増える人生の後半になればなるほど、うまくストレスを受け流して常にメンタルポジションをニュートラルにキープできるようになります。「人生100年時代」は「ストレス100年時代」です。当協会の活動が、いま日本人に一番必要な力である「レジリエンス」をより多くの方が意識し、ストレスフルな毎日の生活を上手に乗り切り今後の人生を楽しむための一助になれば幸いです。

2017年7月  代表理事 堀沢 紳


代表者プロフィール

堀沢 紳
1952年東京生まれ。横浜市大卒。(株)電通、(株)電通国際情報サービスでの40年間のサラーリーマン生活を経て、2016年にドンウォリ(Don’t Worry!)合同会社を設立。ストレスマネジメントを「レジリエンス」の視点から捉える「レジリエンスプロデューサー」として活動を開始する。東京家政大学心理カウンセリング学科の平野真理講師の理論的サポートを受け、2017年一般社団法人レジリエンスコンサルタント協会を設立。「レジリエンス」の普及のため「レジリエンスマネジメントセミナー」を実施、また「レジリエンスコンサルタント」の育成事業にも着手している。日々「ストレスを力に変えるレジリエンス」の理解促進と啓発活動に励む。

キャリアコンサルタント(国家資格)
産業カウンセラー
レジリエンスコンサルタント
レジリエンスプロデューサー
認定レジリエンス・トレーニング講師

価値観ババ抜きインストラクター
健康管理士 天風会会友

1

2